貧乏だし文系だけどpythonで自動売買bot作りたい3ヵ月目(試作版完成)

こんばんは。

5/20に自動売買bot作成記事(10日目)を書いてはや3か月。

ブログ更新を怠りながらも、とうとう試作版が完成しました!!!!

 

 

作成にあたっては「文系でもわかる!BitcoinのBOT自動売買トレードの始め方」に大変お世話になりました。

試作版としているのは、実はまだバックテスト(検証)を行っていないから。

まだと書きましたが、行う気はありません。

実際にもう稼働させてしまっています!!

 

設計・製造工程を経て、一番重要な検証工程はかったるいので飛ばしました。

一応エサイヤー的な仕事をしているのですが、実地検証です(笑

 

2018/8/13(月)から稼働をスタートさせ、今のところ止まってはいません(笑

ちょこっと初期設定を誤っていたので、未だ取引も行っていませんが。

 

当初予定した通りテクニカル指標として

・ローソク足

・移動平均線

・MACD

・ストキャスティクス

・ボリンジャーバンド

これらを考慮したそれっぽいbotを作成することができました。

 

これからも手直しは随時入ることが見込まれるものの、

文系のまったくの初心者でも、pythonに初めて触れてから独学3か月で自動売買botを作成することができました!!

文系でこれからpythonを使って同じように自動売買botを作成したい方、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに私のbotのコーディングは恥ずかしいので死んでも晒せません。

クソみたいな記述を遮二無二組み合わせています・・・笑

 

参考に、ざっくりですが5月から3ヵ月間私が行っていたことを記述します。

3ヵ月間平均的に勉強したわけではなく、1日0時間の時もざらにありました(笑

最長でも4~5時間程度。

 

まず、いきなり「文系でもわかる!BitcoinのBOT自動売買トレードの始め方」だけでbotを作成するのは難しいと感じました。

なにせ優しく解説されていてもコーディングの意味を理解できない。

ただ、何も分からずとも最初にサイトを全体的にざっくり読むことは、のちのち入門書等でpythonを学習していく中で、「あ、これをあのサイトでは記述していたのか」とリンクすることがあるので、自動売買botの作成工程をイメージする意味で結構大事です。

 

というわけで、5月の時点では上記サイトをざっくり読んだ後、pythonの入門書で1から勉強を始めました。

各チャプターを読んで、そこで使われているコードを使って自分でオリジナルのモジュールを作ってみるということを繰り返しました。

これが約1か月半といったとこでしょうか。

ある程度pythonの主要コード(リスト、辞書、if、for、関数等の基本)の利用イメージが掴めた段階で入門書は手放しました。

入門書も振り返れば、詳しい説明は要らず、基礎的なことが習得できるものであれば何でもいいと思われます。

それぐらい自動売買botを作るだけなら、詳しい知識は要らないとおもいます。

(美しいコードを書きたいという欲求があれば別ですが、私のように不細工な相貌でも構わないという物好きであれば)

 

それが終わるとやっと「文系でもわかる!BitcoinのBOT自動売買トレードの始め方」で解説されている内容がぼんやりと理解できるようになってきました。

そこからは勉強の対象をテクニカル指標に変え、解説本を読みつつ、自分の売買botをどのようなものにしていくかのいわゆる設計作業を行いました。

例えば、エントリ条件、利確条件、損切条件等をどうするか、ということを考える作業です。

 

6月中旬~8月初旬は、ひたすら設計したものをパーツとして作成していきました。

エントリ条件が確定したら、その部分だけをpythonで構築する感じです。

ここらへんからひたすら前述のサイトに頼ることになります。

 

サイトと解説本を行きつ戻りつ出来上がったパーツを総合したのが、8月に突入したほんの1週間前くらいです。

 

と、ほんとにざっくりですがそんな流れで作成してきました。

最初は何を書いてもエラーが起きる状況で投げ出したい思いでしたが、段々と慣れてきて、ある程度エラーを出さずにパーツが組めるようになってくると、むしろ楽しくなってのめり込んでいきます(笑

 

今後は会社に行っている私とは別に、作成した自動売買botが裏で一生懸命稼ごうとしてくれることになります。

楽しみだ!!!

 

まあ、今の彼は検証を行っていないこともあり、信用の置けないやつなので、全て溶かしてもいいようにお小遣いは3万5千円程しか渡していません(笑

1ヵ月程動かしてみて、勝率が良さそうならお小遣いを増やしていこうと思います。

 

一度載せかけた勉強時間と損益のグラフは挫折しましたが、稼働してからの時間と損益のグラフは可能な限り載せていきたいと思うので、文系初心者が独学で1から作り上げた自動売買botの実力に興味がある方は、時折当ブログをお覗きください。

 

差し支えなければ、twitterをフォローして頂けますと嬉しいです。

それでは!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。