【ビットコインFX】やっときた調整相場(+4,620円)

こんにちは!
 
先週は総合するとほとんど勝てませんでした。
たぶん他の方からすれば、「え、めちゃ簡単な上げ相場じゃん」となるでしょう。
が、前回記事で申し上げた通り、ストキャスティクスが買われ過ぎ圏にあったことから、私はスケベショートを慣行してしまいました。
そしたら買われ過ぎ圏からみるみる爆上げ・・・!
あっという間に先週の勝ち分が吹き飛んで+4,620円に(笑
負けなかっただけ良かったですが、やはり余程相場感に自信がなければ、逆張りはただ死期を早めるだけでございます。
 
んで、先週の頭くらいから、Twitterでもちょっと価格が落ちるたびに「調整か?調整か?」と無駄に呟いていたんですが、ようやく来たようです。
私は実はまだスケベショートの建玉があるので、どこでそれを解消するのかの目安を考えています(笑
 
改めて日足のチャートを眺めます。
 

 
まず前提として、大きな流れでみると単純移動平均線は、短期(5日間)>中期(25日間)>長期(75日間)>超長期(200日間)で並んでいるので、長期的には上昇トレンドにあります。
 
今この瞬間、すぐに上に向かうことは考えてませんが、こういうとき気まぐれなビットコインは急に私を置いて行ったりします。なので、一応レジスタンスを考えると、直近でつけた高値の1,163,000円(青色線)になりそうです。これを越えれば、昨年の10月26日につけた1,180,000円の高値もすぐに越えていきそうな気がします。
 
目下勢いがあるのは売り。
これがどこまで下がるのか。
長期的には上昇相場が続いて、勢いもそのまま、という前提ですと、安値を結んだ赤線のトレンドライン付近では反発するんじゃないでしょうか。
従って、少なくとも1,090,000円~1,100,000円程度には値を下げるとみています。
1月の調整では、25日SMAでサポートされる局面もあったので、最大では1,040,000~1,050,000円付近まで下落するかもしれません。
いずれにせよ、1月の調整では、4日~7日間くらいで調整を終えているので、その期間でつけた安値を以て調整が終わるだろうと思います。
逆に25日SMAを下回って更に下落し続けた場合、長期的な上昇相場がそのまま続くのか怪しいので、ポジションを持たずに静観することが求められそうです。
 
というわけで整理すると、
 

  • 長期的には上昇相場
  • これから4日~7日間の短期では、調整のため買い控え。
  • 下落の目安(控えめver)1,090,000円~1,100,000円で売りの何割かを利確
  • 下落の目安(大胆ver)1,040,000~1,050,000円で残りの売りも全て利確し、買いに転じる。
  • 下落の目安に達しない場合、4~7日間の調整中に売りは解消する。
 
さて、この見通しは当たるだろうか。
 
差し支えなければ、twitterをフォローして頂けますと嬉しいです。

それでは~。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。