【ビットコインFX】2020年1月26日週の展望(-4,794円)

こんにちは!
今週は負け越しました!

もうFXは8割が心のゲームだと思いました。

  • 常にポジションを持ちたがるのを止めること
  • 記事に惑わされず、自分の相場観での勝負をすぐに捨てないこと
  • 必ず損切りラインをエントリーと同時に設けること
  • トレンドに沿わない押し目買いはしないこと

今週の敗因はこれが全て。
特に記事で上昇トレンド維持とあったのを見て、自分の売りポジションを捨てて買いに走った結果、値下がりして損切りしたのは酷かった(笑

今週も退場しないよう肝に銘じて相場を眺めます。

また勝手に日足チャートにレジスタンスサポートと思わしきラインを引きましたが、依然として揉み合い相場は終わってない気がします。

レジスタンスは、短期移動平均線である948,000円付近にあると睨んでいます。
1月24日も急上昇したはいいものの、ここのラインを超えてすぐに落ちてしまいましたね。
なので、ここを超えれば、すなわち終値が短期移動平均線を上回るようなことがあれば、ここ数日間の調整が終わって、再び上を目指す可能性を感じます。
その次にくるレジスタンスラインとしては、200日SMAである990,000円辺りが意識されます。

一方でサポートラインとしては、ここ数日チャレンジしては強い買い支えに跳ね返されている915,000円付近にあると思われます。
ここを下回れば、次は75日SMAのある850,000円付近まで目ぼしいサポートラインが見えないので、結構急落しそうです。

ストキャスティクスがそろそろ売られすぎゾーンに入ってきているので、ここらで調整の終わりを期待したいところ。
なんせ私は既に今の価格よりも高いところで買いポジションを持ってしまっているから・・・笑

揉み合い感が強いので、レジスタンスとサポートのどちらかを抜けない限りポジションを持たない方が賢明な気がします。
とはいえ、陰線の数を見ても、売りに勢いがあることは確かなので、やや売りが有利な相場かなぁ。

というわけで、

  • 揉み合い相場のため、レンジブレイクするまでは静観するのが吉
  • レジスタンスラインの950,000円付近を抜けたら買い
  • サポートラインの915,000円付近を抜けたら売り

という相場観でトレードしていきます!
といいたいところですが、私の場合は既に買いポジションを持っているので、心を鬼にして910,000円付近に損切りを置くことですね。

まだまだFX日記的なものを付けていきたいので、今週の目標は熱くなって退場しないこととします。

差し支えなければ、twitterをフォローして頂けますと嬉しいです。

それでは~。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。