【ビットコインFX】2020年1月19日週の展望(+18,016円)

こんにちは!

先々週から相場観関係なくずっとアゲアゲでしたね(笑

前置きとして、価格が上昇している理由が分かりません。
「5月20日付近の半減期が意識されているから」というのがよく見かける意見で、ある記事で読んだところ完全に市場がそれを織り込む1ヵ月前くらいまで上昇基調が続く予想だとか。
更に余談ですが、一般に半減期で価格が上がるのは「流通するビットコインの量が減るから」ないしは「流通するビットコインの量が減ることを市場が好感的に受け止めるから」という説明を見かけますが、これがいまいち理解できない。
別に既存のコインが償却されているわけではないですし、マイナーへの報酬が半分になったとしてもコインの総流通量的にはプラスな訳で、更に言えば最終的な発行量が2100万BTCということも既に知られているわけで・・・。
いわゆる中央銀行が行う為替介入とは違って、全部が全部ビットコインの性質として現時点でも織り込み済だろ?と思うわけです。
それとも、ビットコインに需要があることが条件で、
「それがあると分かってきた⇒将来的に流通量の増加率が下がっていくから今より手に入りにくくなるだろう⇒今買っておこう⇒上昇基調」なのでしょうか。
ここらへんの具合、詳しい方がいたら教えてください。

さて、前置きが長くなりました(笑

2020年1月13日週は、先週立てた戦略に従い、買ポジションの何割かをFX価格の930,000円手前で利確し、レジスタンスラインであった930,000付近を突破したために更に買い増しをしました。

結果、先週は+18,016円の取引結果で週を終えました。

今週も確認していきます!

上は、日足のローソク足に、短期(5日間)、中期(25日間)、長期(75日間)の単純移動平均線を載せたグラフです。
1月19日(日)に長期線を中期線が上に抜けました。
これによって、上から現在の終値 > 短期線 > 中期線 > 長期線の並びになりましたので、最も信頼できる上昇トレンドに入ったと思っています。

これは日足のローソク足に、私が勝手にサポートラインレジスタンスラインを引いたものです。
サポートラインは、1月15日、16日の安値付近である958,041円と考えています。
レジスタンスラインは、2019年10月26日につけた長い上ヒゲの頂上付近である1,184,470円と考えています。

ただ一足飛びに1,180,000円にいくとも思えないので、直近で意識されやすい10,000ドル(≒1,100,000円)で一旦抵抗がありつつの、超えたら1,180,000円が意識されるのかなぁと予想しています。

ストキャスティクスを見ると、かなり買われ過ぎラインに入っているので、一旦手持ちの何割かを利確しておいて、上のレジスタンスラインを伺うというのも一案ですね。

日付%K:14日間%D:3日間slow%D:3日間
2020/1/1596.4789.6685.12
2020/1/1694.4792.2688.00
2020/1/1790.2393.7191.88
2020/1/1895.7593.4293.13
2020/1/1995.4093.6793.60

サポートラインについても、強気相場でもあるので、950,000辺りに損切りを置くのではなく、5日間移動平均が下向きになる価格(例えば現時点から見て、1/19日の終値が約988,000円の場合下向きになります。)を下回ったら今の手持ちポジションを利確してしまおうかなぁ。それで、様子を見つつ、950,000円を下回ってくるようなことがあれば売りを仕掛ける感じですかね。

以上のことを総合して、私は次の方針で1/19(日)週のトレードを行っていきたいと思います。

  • 移動平均線上で信頼できる上昇パターンが完成したため、ポジションは断然買い
  • 損切りラインは950,000円~988,000円付近
  • 利確ポイントを1,100,000円手前に置く。
  • レジスタンスラインの1,180,000円を超えたら買い増し。

先週レジスタンスラインとして意識していた930,000円から、今週の1,180,000円まで価格の開きがありすぎるので、使い勝手の良い利確サインが欲しいですね~。

差し支えなければ、twitterをフォローして頂けますと嬉しいです。

それでは~。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。